冬の間は厚着だから、ほったらかしの状態の体重管理でしたが、最近お昼間がけっこう暖かくなってくると、上着を脱いだりします。そうなると、ほったらかしの二の腕が、、、まだ長袖ですが、心の中では服の上からでもたるみがばれないかなとか。そうです、もうそろそろ減量作戦をはじめないといけません。ただ、毎年この時期になると雑誌でも特集を組み始めますが、減量方法っていろいろありすぎて迷います。要は自分の体に合う方法を見つけるかどうか。自分の性格にあった方法も。ここが外れると、続きませんから。 続きを読む

最近断食についての効果が見直され始め、健康効果を求めてプチ断食をおこなう人が多いです。

続きを読む

減量を始めるとお肌の調子が悪くなる。こう言う方、多いと思います。それの原因はおおよそこうだと思います。ほとんどの方の減量法は、食事制限。判りやすいのが3食の内、1食減らすというパターン。朝を抜くとか、お昼を抜く、夕飯を食べないなんてことも。これが、お肌の調子を崩す原因ですね。内蔵というのは、リズムが大切。小さなころから2食しか食べてなかったら別ですが、基本1日3食で何十年も生活していきている、そういうリズムで体や内蔵は動いているのに、それを停めてしまうと。やっぱりお肌だけでなく、体調にもでてきますね。 続きを読む

先日、ボクシングのタイトルマッチで減量に失敗していましたね。
あと、1.4キロまできましたが、あきらめて水をがぶ飲みしていましたね。
チャンピオンで、経験もあるのに、失敗するのですね。たぶん、日本の気候が考慮してなかったのではと言われています。
しかい、ボクサーの方の減量は過酷、でも、あの体をみると、人間やればあんな体になるんだとも思います。
減量くるしかったら、いいのを教えた上げたのにとか、うちの母親がテレビに向かって話してましたよ。そういえば、最近母親の体型がよくなったとは思ってます。 続きを読む

この頃、注文度の高いダイエットにいいとされている成分に、プラセンタがあります。

プラセンタがダイエットにいいのは、リバウンドが起きにくく、体脂肪が燃焼しやすい体質になれるからだと言われています。

代謝を高める作用があることが、プラセンタの特性であると言われています。

基礎代謝は年をとると低くなりますが、基礎代謝の低い体になると、ダイエットにいいことをしても、なかなか体重が減らなくなります。 続きを読む

酵素のダイエット法というと、モデルや女優の人たちが実践しているダイエットとして有名です。
私も酵素ダイエットを試した一人ですが、本音を言いますと、効果は実感できませんでした。
ただ、便秘改善になって、肌がキレイになったので、ダイエットではなくきれいな肌を期待する人にイチオシです。
酵素ダイエットは代謝が活性化され、太らない体質になれるとされています。
お産の後にダイエットをする人も多く存在するかと思いますが、授乳中でも安心して飲める酵素ドリンクもあるので、きちんと栄養を補給しつつ体質改善が可能なのが、酵素ダイエットの魅力だと考えます。
続きを読む

ベジーデル酵素液は歴史ある酒造メーカーが昔から受け継がれた伝統の製法で作っています。材料は丸ごと使いますし、一切水を使用せずに発酵させます。
また、酵素の培養のために沖縄産の黒糖を用いるのもベジーデル酵素液のこだわった部分です。
それは沖縄の黒砂糖にはミネラルやビタミンも含まれているため、たいへん体にいいです。
酵素ドリンクと運動を合わせると、ますますダイエット効果が高くなりますし、健康増進にも効果があります。
運動をする場合でも、それほどまでにハードに行わなくていいです。
続きを読む

夏に向けて、体の露出が多くなってきますね。
洋服を買いに行くと、かわいい洋服がたくさん売っています。
続きを読む

酵素ダイエットというのは、生命を維持するためになくてはならない酵素を体内に取り入れる事で、空腹感を抑え、また体の様々な機能を活発にして痩せやすい体を作るために考えられたダイエット方法です。
酵素を摂取すれば、腸の活動が円滑になり、便秘解消にも効果的です。食事を制限する必要がないので、無理がなく、リバウンドの心配は無用です。
酵素ダイエットは朝食を酵素ドリンクや野菜、果物などに置き換えるようにすると続けやすくなります。
しかし、最も効果があるのは、夕食を酵素の多いドリンクや食事に変えてあげることでしょう。
夕食が一日の中で最もたくさんカロリーを摂ってしまいがちなので、ダイエットの効果が高くなります。
ですが、続かなくなりがちなのが短所です。
続きを読む

1.無理に運動する必要はない
運動する、といっても、それほど無理をして行う必要はないのです。
ストレッチやウォーキングなどであっても十分に効果が実感できるでしょう。
いつもより歩く距離を多くしたり、拭き掃除をするのもいいでしょう。
続きを読む